0877-59-1184


あらきデンタルクリニック 地図

〒762-0007
香川県坂出市室町3-4-14
TEL:0877-59-1184
FAX:0877-59-1173

駐車場:有(7台)
指定医療機関:保険医療機関
生活保護法指定医療機関
補綴物維持管理料算定機関
初診電子化加算算定機関
齲蝕歯無痛的窩洞形成加算算定機関
歯科外来診療環境体制加算算定機関

昨日 カウンタ
今日 カウンタ
トータル カウンタ
ただいま 人 閲覧中

インプラントに対する考え方

ここ数年、インプラント全盛期(飽和期?)になっていて、

「インプラントが出来ないやつは歯医者じゃない」

みたいな風潮もありますが、
私がインプラントを勉強し始めた大学卒業1年目(平成10年頃)は
まだまだインプラントをしている先生の方が圧倒的に少ない時代でした。

勉強を始めたばかりの私が師匠の講習会についていって
インストラクターをしていたくらいですから・・・(笑)


インプラント治療の変化

インプラント治療はこの10年で大きく変化しました。
インプラント手術主導型から補綴主導型へ変化したのが一番大きな変化ではないでしょうか。

インプラント治療によって歯が無くなってしまった場合に
従来の治療法では入れ歯しか治療法がなかったのが
固定制の義歯(入れ歯や被せ物)で治療が出来るようになりました。

この変化はとてもメリットが大きいのですが、
最近の風潮としてまだまだ保存の可能性があるにもかかわらず
長期的予後が見込めないといういいわけをして
抜歯→インプラントという治療が多くなってきているように感じます。



インプラントでも自分の歯には勝てない

皆様に知っておいていただきたいのは、

「たとえインプラントでも自分の歯には勝てない」

という事です。

断っておきますが、私はインプラント否定派ではありませんし、
必要に応じてインプラント治療を行い、それなりの成績はあげているつもりです。
(日本口腔インプラント学会認証医も取得しています)



それでも私はインプラントがすべてだとは思いません。
歯周病治療・虫歯治療・矯正治療や場合によっては歯の移植という手法をつかって
自分の歯で咬める状態にする事が第一選択なのです。

個人的には上記のようなあらゆる手法を使っても
自分の歯のみでは咬み合わせを安定させることが出来ない場合が
インプラント治療の適応であると考えています。




Copyright(C) 坂出市の歯科医院/歯医者 あらきデンタルクリニック